自力で内容証明郵便を送るときの出し方

Permalink

内容証明郵便の基本的なこと

内容証明郵便は郵便局が、誰から誰に送られたかを謄本で証明してくれるものです。相手が受け取る時にサインを必要とするため、確かに送ったという事実を作り上げることができます。主に法的な目的で使用され、弁護士のサポートを受けながら手続きをする場合も多いです。
ただ内容証明郵便の手続き相手はあくまでも郵便局なので、出し方さえ知っていれば自力で送ることも可能です。しかし内容証明郵便の力は受け取る側だけでなく、送る方にも働きかけるものです。そのため間違いが許されないので、正確な出し方を把握しておかなければなりません。
内容証明郵便はまず謄本を書く際の文字数に制限があります。縦書き横書き共に1行が20字以内で、1枚当たり26行に収めなければなりません。横書きの場合は13文字上限を40行以内か、1行に26文字までを20行以内かに変更することもできます。もしこの文字数を超えてしまう場合は、料金を追加して枚数を増やします。

内容証明郵便の出し方のルール

内容証明郵便を送る際は、同じ謄本を3つ用意する必要があります。ひとつは実際に送る用で、残りふたつは差出人と郵便局でそれぞれ保管しておく控えになります。それを持って郵便局に向かい、内容証明であることを伝えると形にしてくれます。
謄本は誤字の訂正や複数枚に渡る場合は、印鑑を押す必要があります。もしかするとどこかに押し忘れがある可能性も考えられるので、念のために印鑑を持って行きましょう。また相手がいつ受け取ったかを知らせてくれる配達証明がオプション扱いでありますが、内容証明郵便を出すような状況なので、付けておいた方が良いです。
内容証明郵便には、直接郵便局まで足を運ばなくてもインターネットで完結できる出し方もあります。専用のページにログインをして、指定された文書ソフトでアップロードするだけで、内容証明郵便として作成してくれるものです。差出人保管用のパソコンの扱いに慣れているのであれば、こちらを選択した方が便利です。

まとめ

内容証明郵便の使い道は色々で、専門家に依頼すると手数料が発生することがほとんどです。そのため自力で発送できれば、コストの削減に繋がります。出し方自体はそこまで難しくはなく、一般の人でもできるようになっています。それを踏まえた上で、実際に送れるかどうかを判断しましょう。周囲に内容を確認したり訂正してくれる人がいなければ、専門家のサポートを受けた方が良いかもしれませんが、もしいるなら自力での発送も容易です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です