声に出して読みたい「詩」の詩人・詩集

千葉のリフォーム業者の友人は

Permalink

日本現代詩人会というサイトへ定期的に詩を投稿しています。
いまだ入選には至っていませんが、
若い方から大先輩の詩まで大いに刺激を受けています。
さてここへ詩の投稿をしているのは私だけではありません。
千葉のリフォーム業者を経営している友人もこのサイトへ
毎回詩を投稿しています。
彼は入選経験があるんです。
あと数名、詩を投稿している友人がいて、
月に1回程度批評会をやっているんですよ。
仲間がいると良い刺激を受けることができてありがたいですね。

排水つまり 業者の顔見て 財布見て

Permalink

もう最近は、斉藤斎藤さんの俳句ばかり追ってしまっています。
私的には、防犯カメラの句が何度も声にだして読みたくなります。
(↑防犯カメラ)という部分も、声に出してはいませんが、
頭の中では「かっこ、うえ、防犯カメラ」と付け足していますよね。
自分でも斉藤斎藤さんの俳句のような
真似事をしてみたりするのですが、
やはり最終的な切れ味が全く違いまして。(当然ですけど)
自分の力不足に悲しくなります。
排水つまり 業者の顔見て 財布見て
業者の顔見て とほほほほ」
…ダメですねー。やっぱり、天才はいるんですね。

XYステージのような精密な描写より…

Permalink

先日テレビで、新進気鋭の川柳を読む方が人気だと見ました。
川柳の言葉にノリ弁だとか、顔文字だとか10年、20年前では
決して作られなかった
まさに時代の寵児にような方で、確か良い大学の出だとも言っていて、
変わった題材を一周させて川柳として着地させている感じがして、
思わず「う~~~ん」と唸ってしまいした。
端子を組み上げるXYステージのように
描写の精密さを突き詰める句というのは存外簡単で、
反対に他の人が見えない、または見落としているものに
目を向けることは、とても難しいものです。
奇抜だ!今までの型をバカにしていると一蹴するは簡単ですが、
これだけ奇抜だと、いくら出ている杭でも打つこと叶わずな気がします。

テレビ台の通販サイズを間違えちゃった。人間だもの。

Permalink

最近、認知度があがる詩人とは、やはりキャッチーさ
ではないだろうかと思っています。
もちろん詩に限らず、歌だって芸術だって覚えやすいほうが、
口から流布しやすいですから、単純に広がるスピードが速い
ということもありますし、キャッチーな分何度も話題に上りやすい
ということもあるでしょう。
その反面、キャッチーさは、廃れやすいというデメリットも
持ちあわせています。
いわゆる飽きですが、ただキャッチーさに本質をついた
インパクトがあったりすると、長く愛されつづけることもできます。
さて、今日本でキャッチーかつインパクトがあって、
多くの人が知っている詩人の引用を使い、近況報告。
テレビ台の通販サイズを間違えちゃった。人間だもの。みつお

メンズエステ求人誌で見たコラム

Permalink

メンズエステの求人の情報誌には、声に出して読みたい詩などの
コラムが掲載されることもあり、国内外の有名な詩人の作品を
楽しむことが出来るようになっています。
特に、人気の高い詩集の内容については、多くの女性からの注目が
集まっており、魅力的なメンズエステの求人に応募をするうえで、
大きな役に立つことが分かっています。
メンズエステの仕事内容は、それぞれの店舗のシステムによって、
大きな違いが見られることがありますが、
本格的に仕事探しをするにあたり、
求人の条件に着目をすることが重要です。
また、まずはなるべく信頼のできる求人媒体をチェックすることで、
いざという時にも冷静に対応を取ることが出来るといわれています。

看板に載っていた詩に感動した

Permalink

ある街で見つけた看板に載っていた詩は、昔、
某コーヒーのCMで流れていた谷川俊太郎の「朝のリレー」
という詩でした。
この詩人のこの作品ほど、これぞ声に出して読みたい詩だと
感じさせるものはないと思います。
コーヒーとすがすがしい朝の関連でこの詩が起用されたことは
容易に察しがつきます。
看板に載せていたのも、たしかコーヒー店でした。
カムチャッカの若者がきりんの夢を見ているとき/
メキシコの娘は朝もやの中でバスを待っている
こんなふうに始まる詩です。
文字面だけでも美しい詩ですが、声に出して読むと
自分が世界と一体になったようなイメージが広がります。
CMもそうでしたがあまり流暢に読まず、
とつとつと語りかける感じの方が良い気がします。
谷川俊太郎は詩集もたくさん出しています。
「詩めくり」、「うつむく青年」が私の好きな詩集です。

個室レンタルオフィスにて

Permalink

個室レンタルオフィスというと企業が借りるもの
というイメージありますが、中にはアトリエとして使う、
など個人でも使える個室、セカンドハウスとして提供している
レンタルオフィスもあります。
レンタルオフィスを個人で使うメリットとしては、
基本的には企業向けのオフィスなので機密漏えい対策として
防音設備が整っていることです(ロケーションによりますが)。
防音設備があるレンタルオフィスを個人で使えば
ちょっとした書斎として使えます。
たとえば、自宅だと何かと周りに気遣いしてしまって読みづらいけど、
声に出して読みたい詩をよんでみたり、
自分の好きな詩人、詩集などを集めてみたりと、
自分の空間が持てます。
個室レンタルオフィス利用してみてはいかがでしょうか?

病児保育士さんが教えてくれた詩

Permalink

病児保育士という仕事があります。
そういう資格をとってする仕事ではなく、
病気の子供の保育を専門にやっている人のことです。
病理保育士さんと知り合いになって、どういう本を子供に
読み聞かせたらいいか聞いてみました。
すると、絵本などもいいけど、詩集を読んで聞かせるのも
いいという答えが返ってきました。
詩なんて難しいし、子供にはわからないんじゃないかと思いましたが、
子供に聞かせてあげると情操教育によく、
病気の子供も元気になるような詩集があるそうです。
特に、声に出して読みたい詩を多く書いているのが
童謡詩人と呼ばれる金子みすゞ。
彼女の詩「こだまでしょうか」は東日本大震災での時の差し替えCMで
国中の人が知ることになりました。
私も詩集を買って読んでみましたが、響きが美しく、
これこそ声に出して読みたい詩だなと思いました。
人は誰でもありのままで素晴らしいんだよ、
認められるんだよ、と言っているような内容の詩集です。